スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同一ドメイン、同一URLからの異なる複数のリンク効果

Category : SEO対策
SEO対策に従事している人なら必ず一度は疑問に思うこと、それは・・・

「同じページから2つ以上リンク張っても意味があるのだろうか?」

ということでしょう。拡大解釈すると「同じドメインからの複数リンク」とも考えることができます。

あんまり手の内を明かしたくないのですが、現在弊社ではクライアント様のサイトのSEO対策をする際に、同一ページから同じサイトへ2つ以上のリンクを張っておりません。理由としましては・・・

「ひとつのリンク効果を高めたいから」

です。発リンクの問題もありますが、同一ページから異なるアンカーテキストで2つも張られているのが気持ち悪いし、何せ不自然だという思いもあるからです。

しかしながら実際は、やり過ぎはNGだと思いますけど複数リンク(2つ、3つ)を同一ページから張っても、普通に両方評価されてるように感じます。同一ドメインでURLが異なっていればなお問題ありません。

ただしROSリンクなどはアンカーテキストが同じになってしまうので、あまりオススメはしないですね。これは最近ヒシヒシと感じる次第です。

内々の話になるのですが、某お客様が弊社サービスを同じサイトで頻繁にお申し込みされております。都合5回ぐらいでしょうか。

最初はブログなどのドメインを重ならないように施策していたのですが、途中から面・・、これは重なってもしゃーないわと思いまして、普通にやってました。もちろんある程度見込みがあったからですけどね。効果が落ちると思われる施策は当然ながらやりませんので。

で、どんな結果になったかと言いますと、同じURLに対して複数の異なるキーワードで施策したわけですが、どのキーワードも1ページ目に表示されました。ただ、そこまで競合は多くないワードですので、それもあるかと思います。もっと分かりやすく言えば・・・

「同じブログから重ね張りしても普通にそれぞれのリンクに対して訴求力がある」

ということです。これはブログに限らないでしょう。

また、昔弊社は同一ページから同一サイトへ2つ、3つのアンカーテキストで普通にリンク施策してました。そのときも普通に効果があったものです。

古い記事ですが同一URLで複数アンカーリンクについてという記事でそのことについて書いてあります。これは今でもそのまんまでしょう。しかし文章の書き方、雰囲気が今と違いますね、何となく(笑)


[PR]

医学部 予備校
医学部受験のクレスト。完全マンツーマンの家庭教師派遣と個別指導予備校で医学部合格へ導きます。

整体スクール
整体師独立開業ならこりもみ整体スクール。整体師としての確かな技術を身につけられます。

行政書士 化粧品 大阪
化粧品の製造業、製造販売業の許可申請等。大阪の行政書士マキ行政法務事務所のHP。

整体スクール 東京
東京の浸透整体スクールさん。手に職の時代、整体で独立開業を目指しませんか?

カシウエア
世界のセレブを魅了するカシウエアをアメリカから直接買い付けております。

医療事務 求人 福岡
福岡の看護師・介護士・医療事務・受付の人材派遣、人材紹介の(株)ライフ・サポート。

キーワード選びの際の「効果」について

Category : SEO対策
SEOを最近知ったという方もたくさんおりまして、知識などほとんどない方もたくさんいらっしゃいます。ホームページを作ったらSEO対策を行うというのはもはやセットだと思うのですが、別に行わなくても自然検索以外から流入があれば問題ないですし、あくまで一手段に過ぎないことは間違いありませんがね。

リンク施策他、もろもろSEOを行う前にやはり「キーワードの設定」というのは非常に大事なことです。ホームページとマッチしていることもそうですし、検索回数がそこそこあるものでないと上位表示されてもあまり意味がないという理由からです。「ホームページとマッチしている」というのは2つの意味で大切でして、ひとつはマッチしていないと上がりにくい、もうひとつはマッチしていないとコンバージョンを得にくいという点です。

検索順位やアクセスアップももちろん大事なことですが、少ない流入でも検索キーワードとサイト内容がマッチしていればコンバージョン率(CVR)も上がるというもの。そういうキーワードを拾っていくこともSEO対策として当然ですが重要なことです。何もビッグキーワード1本である必要はありません。

さて、SEOや検索エンジンのことをあまりご存知ない方からよく訪ねられる質問があります。

「どんなキーワードが効果がありますか?」

弊社はもちろんご希望であればSEOキーワードの選定からしっかりサポートさせていただいておるのですが、結構キーワード選びの段階で迷ってらっしゃる方も少なくありません。ここで言う「効果」なんですけど「上がりやすいキーワード」を指してらっしゃる方が多いようです。SEO対策を行っても上がらなかったら怖いというか、意味がないというか金の無駄というか、そのあたりの心理があると思われます。

もちろん上がりやすいということも大事なわけですが、先にも申し上げた通り検索されないキーワードでSEO対策しても意味がないし、上がりにくくても狙っていくべきキーワードもあるし、サイトとマッチしたキーワードであるのは当然大事だし、そのあたりのアドバイスをさせていただいているわけです。

「効果」に関してはランキングの上がりやすさももちろんそうですが、コンバージョン効果のあるキーワードを選ぶことのほうがよっぽど大事ですよね。本日の記事はある程度SEOご存知の方だと当たり前のことなのですが、このあたりでお悩みの方が結構いらっしゃるので書いてみました。


[PR]

戸建て 自然素材
大阪堺で自然素材を使った新築一戸建てをお求めならバル住宅販売へ。
http://www.vert2008.com/

高血圧
無闇に薬に頼らずに、しっかり根本的な原因を治して高血圧を改善しましょう。
http://www.legacy-bronze.com/

開店祝い
開店祝いの花の選び方やマナー、金額の相場などを解説しています。メッセージの文例やお返しも解説。
http://xn--n8jt80lr1qoyz.biz/

所沢 相続相談
埼玉県所沢の困り事、相談窓口、相続・遺言・民事法務専門の國分法務事務所のHP。
http://www.kokubu-houmu.com/

SEO、基本的なことでよくある質問

Category : SEO対策
以前どこかで誰かが「最近のSEOブログは業者向けに書かれているものが多い」というようなことを言ってらした記憶があります。業者向けでなくとも、ある程度SEOに精通している方たち対象という感じでしょうか。

私が書いてるブログはある程度分かりやすくしているつもりで、SEO初心者や迷ってる方たちにも参考になるかと思っているのですが、あとで読み返してみるとやはり同業者様向けというか、そういう記事も確かにあります。もちろん情報共有という意味であっていいとは思うのですが、基本事項が書いてあるブログ記事は少なくなってきてますよね。

というわけで、SEO駆け出しの方、あるいはよく分からないから今勉強中なんだとう方へ、弊社によく寄せられるSEO関連の質問をいくつか挙げてみようと思います。だいたい基本的なことが多く、おそらく多くの方が悩んでいることなんだな、という気がします。


相互リンクは今でも効果があるのですか?

効果がないとは言いませんが、相互リンク先を探す暇があれば自サイトの見直し等に時間を費やしたほうが良いと思います。基本、リンクは一方的に受けるナチュラルリンクがベストです。また、相互リンクするのであればリンクを受けることよりも「こちらから発するリンクを意識する」ということが大切でしょう。ユーザーにとって有益なリンク先であればリンク元も評価されます。


サテライトブログは毎日更新したほうがいいんですか?

更新頻度目的で薄い記事を書くよりは、1週間に一回でいいので濃い記事を書いたほうが良いでしょう。もちろん、濃い記事を毎日書けるのならそれに越したことはありません。その際に文字数等は関係ありません。当然濃ければそれなりのボリュームになるとは思いますが。


ライバルサイトは数千のリンクがあるので、うちのサイトは・・・

リンク数で順位は決まりません。リンクの質なりコンテンツも多く関わっているので、ただ単にリンク数だけ見て自サイトが劣っているなどということはありません。また、リンク総数が多くても受けてるドメイン本数のほうが大事なので、一概に数千リンクが優位とは言えません。


ヤフーカテゴリ登録やクロスレコメンドは効果があるのですか?

何をもって「効果」というか分かりませんが、あるないで言えばあるかと思います。ただ、順位が上がるかどうかは別問題です。弊社サイトもクロスレコメンドとiディレクトリに登録しましたが、順位は上がりませんでした。もともとそういうのを期待してではなく、そういったところからのリンクが欲しかっただけで、底上げにはなってるかと思っています。リンクバリエーションとして、選択肢のひとつかと思います。


タイトルタグにキーワードは何個ぐらいまで入れていいですか?

「何個まで」という制限はありませんが、私の見解は基本「タイトルタグはクリック率優先で決定する」というものです。1ページ目に表示されればアクセスが激増するというものではなく、タイトルタグや紹介分に魅力がなければなかなかクリックしてくれないものです。SEO対策は他にもやることがたくさんあるので、タイトルタグだけはユーザー意識でいいかと思います。ただ最低限、狙ってる主要なキーワードは入れておいたほうが良いでしょう。


1位を取って下さい

弊社としては努力はしますが、相手さんもいることですし、まして貴サイトのコンテンツ次第で1位表示できるかどうか変わってきます。リンクも大切なのですが、昨今のGoogleはコンテンツ等の内的要因もかなり重要視してますので、そのあたりの見直しも必要かもしれないですね。また、1位表示されても永久に1位にいれる保証はありませんので、無理して1位を狙うのではなく「安定した上位表示を目指す」という方向性でいいのでは・・・というのが私の見解です。


まだまだありそうなのですが、これぐらいにしておきます。


[PR]

たばこ輸入代行/1箱75円~送料無料通販/激安たばこ通販の個人輸入代行
http://tabaco.rgr.jp/

Barbour(バブアー)専門店 王室屋
http://masa-japan.com/

箔巧館では箔貼り体験や金沢箔土産、金沢箔の魅力や金沢の歴史・文化・伝統工芸・観光情報を紹介しています。
http://kanazawa.hakuichi.co.jp/

給湯器(リンナイ、ノーリツ、ハーマン)・ビルトインコンロ・風呂釜・などガス器具の販売
http://gasya.jp/

R&Yのプラセンタ100サプリメントが大好きな管理人によるプラセンタ尽くしの口コミサイト
http://love-healthy.jp/

高校受験や小学校受験を埼玉県でお考えならPTSプロ家庭教師さいたまで。
http://www.pt-saitama.com/

どのページにSEO対策をするか?

Category : SEO対策
サイトの構成、どのページにどのコンテンツがあるか等で、どのURLにSEO対策をするか悩む場合があります。先日お問い合わせいただいた飲食店系のサイトなんですけど、TOPページがほぼ画像構成で、しかも数少ないテキストも丁寧にイメージ画像になっていました。先方さんもいろいろと悩んでおりまして、私もいろいろとアドバイスをさせていただきました。

18禁サイトや美容室系のサイトにこの手のタイプが多く、見た目のイメージも重要であることから、そうそうテキストを詰め込んだりデザインを変えるわけにはいかないこともあるものです。

私的に、SEOというのはそのサイトごとに存在すると思っており、わざわざSEOのためだけの大幅改善、リニューアルもどうかなあ・・・という話。多少理屈っぽくなりますが、「最適化」なわけですから、そのサイトなりにベストなSEOを施策すればいいだけのことです。

で、昨今といいますか以前からですが、例えばTOPページに「AAA」というSEOキーワードで外部施策した場合、TOPページでなく下層ページ(コンテンツページ)が検索結果に出てくることがあります。まあまともなページが出てくればいいのですが、たまに「まじすか?(汗)」というページが表示されることもあり、Googleの処理能力を疑わざるを得ないこともあります。

そういう仕様が存在することから、とりあえずTOPページにSEO対策をしてあとはGoogleに委ねるという選択肢もありだったりします。自分なりに「このキーワードだったらこのページにリンク施策すればいいだろう」と思っていても、それが違っていたらちぐはぐになってしまい兼ねません。TOPに施策すればとりあえず自動的にどこかのページが評価されます。もちろん、そのキーワードのコンテンツが存在することが条件になりますけどね。


[PR]

千葉で美容室、ヘアサロンをお探しなら当店のホームページをご覧下さい。
千葉で美容室ならhairdo

ITフリーエンジニア・フリーランス・個人事業主・SE・プログラマ募集のIT案件。
e案件.netで案件を探す

メーカー別で中古バイク、新車バイクが検索可能。バイクに関する様々な情報を発信しています。
中古バイクの検索サイト

順位以外にお客様が求めてきていること

Category : SEO対策
何だかんだでお客様は検索順位を求められてるわけでして、極端な話、極めてブラックな手法でもいいから3位以内に入れて欲しいと思ってる人は多くいます。ただ、何がブラックで何がグレーなのかは難しいですが、横着なリンク施策は今後おそらく淘汰されていくでしょう。

で、それが幼稚な考え方かどうか?それというのは「順位を求める」ということですが、これ自体を否定する必要は何もなく、誰しも10ページ目より1ページ目に表示されてるほうがいいに決まってます。実際、売り上げに大きく関わってくる部分です。ですので、求めることは純粋でしょう。

順位が上がる最大の要因はリンクです。ですから、多くの場合検索順位を上げるためにリンク施策をするわけで、弊社も含めて多くのSEO会社がそれを行っているわけです。実力がありノウハウがあり、実績もあるSEO会社さんほど、リンクの重要性をよくご存知のはずです。

ただ、最近お客様の中で、今後のGoogleのアルゴリズムの変化、世界で行われているパンダアップデートを見据えて、内的な問題点、内部施策、コンテンツ等々、そちらに意識を向けている方が結構いらっしゃるんですよね。大規模なサイトを複数運営してらっしゃる担当者様に多い感じです。

もちろんかなりSEOのことやGoogleのことは勉強されてるとは思いますが、今後そういったご相談が増えてくるように思うんですよね、間違いなく。内部施策に目を向けるのは重要なことだし、私ももっとコンサル力を養わないと・・・と、そんな風に今感じてます。


[PR]

岩下株式会社は、日本製のベビー服や出産準備アイテムを自社工場で生産しています。

東京都千代田区の税理士なら川口会計事務所。顧問料月額10,500円から。
プロフィール

ドゥアイ

Author:ドゥアイ
いまどきのSEO対策.comがご提供するサービスは業界屈指の費用対効果!ご予算に応じてさまざまなプランがございます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。