スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOの知識・認識がどれだけあるかが大事

Category : SEO対策
本日は割といいネタがご用意できました。
「見出しタグは必要か否か?」という御題について、私なりに論じていこうと思います。

まずこれが大事。

「何のためにH1などの見出しを記述するのか?」

ここなんですが、わざわざ解説するまでもありませんが、当該ページで重要なタイトル、テーマを検索エンジンに伝えるために記述します。
すると必然的にそのページの主要なキーワードが入ることになります。

ここで大事なことは、ページテーマをしっかり伝えることができるのであれば、別に主キーワードを含んでいなくてもH1としての役割は果たすということ。

これもSEOです。

で、「じゃあ見出しタグは要るのかどうか?」「見出しがなくても上位表示できるじゃないか?」という、このあたりについての解説(まあ、私の意見ですが・・)ですけど・・・

「ページテーマを伝える→検索エンジンに最適化する=SEO」

という点で、見出しは必要だと私は思っています。

テーブル等で平べったく記述されたHTMLソースよりも、見出し、段落等、しっかり分けられたWEBページのほうが検索エンジンは認識しやすいです。
これは間違いありません。

という意味では、H1やH2などの見出しを設定することは「正しいSEO」と言えるわけです。

ただ厄介なことに、最近のYahoo!ではこのへんに厳しく、TOPページが落ちてしまう現象が多発してますよね。
実はここだけ見てるんじゃないんやけど・・・。

んで、じゃあH1を緩和したり外したりしてYahoo!検索にてランキングが上がった!

これはよく聞く話ですし、私のクライアントでもこれまで何度かありました。
ま、私は「外して下さい」という指示は一度も出したことはないですけど、文言を変えたり(緩和)してランキングアップは何度もあります。

で、上位表示できました。

まあ結果良しかもしれないですが、これは、、、

「SEOの結果もたらしたものではなく、内部的には『Yahoo!最適化』による結果であり、外部リンクによって評価されているに過ぎない」

と私は思っています。
つまり「SEO(検索エンジン最適化)」ではないのよね~。

サイトそのもののチューニング、これがまあ私の中ではSEOであって、ランキングはリンクで決まる。
そこまで的は外れていないと思うのですが・・・。

ちなみに、しっかりしたSEO知識をもった制作会社さんなどが作ったWEBサイトなら、H1やH2を使用しててもほとんどTDPにはかかりません。
別に制作会社関係なしに個人でもそうですけどね。


ゴキブリ駆除  歯科 インプラント  チワワ 販売  オリジナルカレンダー  商標登録

テーマ : SEO対策でアクセスアップ
ジャンル : ブログ

プロフィール

ドゥアイ

Author:ドゥアイ
いまどきのSEO対策.comがご提供するサービスは業界屈指の費用対効果!ご予算に応じてさまざまなプランがございます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。