スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤沼社長の的確なコメント

Category : SEO対策
昨日の夜ビール飲みながらTwitterのタイムラインを見てたんですが、ブレインネットの赤沼さんのつぶやきに「まあ確かに」と感じたものでした。

「顧客にSEOの勉強をしてくれってのは僕は違うと考えてる。僕らは顧客より、SEOに関しては知識があるから飯食えてる訳で。」
僕の返事 → http://twitter.com/#!/imadokiseo/status/52714376016297984

これ、確かにその通りだと思います。
クライアント様にSEOの知識があり自社で完結してしまえば、私ら専門家は不要になり、それこそ職を変えなければいけません。

まあ実際問題、情報がいろいろ出回っているとはいえSEOというのは決して簡単なものではないし、かなり特殊な分野だと思うでコンサルタント、SEO会社というのは必要だとは思います。
もちろん自身で学んで取り組めればそれに越したことはありません。

ただ、「SEOの勉強してくれ」というのは言い過ぎですが「もっと協力してよ」と思うことは多々ありますね。

私などはSEOのもろもろの施策に入る前に実際に打ち合わせしたりすることはほとんどないので、お問い合わせされた約2割ぐらいの方が疑いを持ってらっしゃいます。
事前にお会いしてSEOのこととか人柄とか、そういう触れ合い、確認があればそういう疑いも薄れるのでしょうけど、こればかりは仕方がありません。

SEOというものは内外とも大切であり、我々業者の外部施策ならびに内的なコンサルティング、その他もろもろ、こういうのって一方的では駄目で、クライアント様の側もある程度納得されて、言葉は適切でないかもしれないですが従ってもらわなければいけません。
病院行ってドクターが「1週間安静にしておいて下さい」と言われたその夜飲みに行く人って、まずいてないと思うんですよね。

ですから「SEOを勉強してくれ」というよりも「協力していただいて、なおかつ理解の心を持っていただきたい」ってのはあります。
「勉強してくれ!」だと「分からんからお前んとこに依頼してんねん!」になりますからね。
これは先方さんが正しいです、明らかに。

今結構ランキングの変動が激しかったりするんですが、ちょうど施策始めようか始めまいかってタイミングで順位がちょっと落ちたりすること、これぐらいならよくあるんですね。
施策するしないに関わらず変動ってのはあり、それはアルゴリズムによるものです。

信頼されてなかったら「順位落ちましたよ」と言われることが多いんですけど、ハナから疑われていたらアルゴリム云々の話しても馬耳東風なんですよね。
また順位の上がり方が緩やか、あるいは反応がイマイチの場合、私が変な外部施策しない限り内部に問題、改善点があるわけですが、まあリンク施策に疑いの目は向けられます(笑)

繰り返しますが「勉強してくれ」とまでは絶対に言い過ぎです。
でも、ある程度ご理解はいただきたいものです。
これ言ったら言い過ぎかもしれないけど、疑ってるなら最初から他社行ってくれって思いますよ。

で、どうでもいいですが弊社、4月1日から「株式会社ドゥアイ」として新たにスタートを切ることになりました。
別に会社の新しいホームページ作ったわけじゃなく、上のリンク先は「いまどきのSEO対策.com」です。

事務所兼自宅という環境、19時前後に「るーびーなう」と、別にこれまでと変わりなしだと思いますが、これからもより一層お仕事させていただきますので、今後とも宜しくお願いします。
スポンサーサイト

リンク元の関連性の問題ではないだろうか?

Category : SEO対策
まずは海外SEOの鈴木謙一さんのブログ記事を以下に紹介させていただきますね。
3月8日に予約投稿された記事でして、なかなか興味深い内容になっています。
(※ちなみに今、米サンノゼで開催されているSEOセッションに参加されています)

最強のアンカーテキストリンク ~ 海外フォーラム編

ざっくりまとめさせていただきますと、ランキングを上げたいサイトに直接SEOキーワードでリンクを張るのではなく、1クッション挟んだサイトにSEOキーワードでリンクを張り、そのSEOキーワードでリンクされたサイトからメインサイトへリンクを飛ばすという方法です。
これが海外フォーラムのメンバーが試したら実際に上がったという話ですね。

ただひとつ分からないのが・・・

「www.example.comへのリンクのアンカーテキストには「XYZ」を使いません。
あるタイプのアンカーテキストを用います。」


の部分です(笑)
私的には過度でなければキーワードリンクで問題ないのでは・・・と思うのですが、多分1クッション挿んだページにSEOキーワードでリンクしているんで、中和させるためにURLリンクかそこらがバランスが取れてちょうどいいのかなあ・・・と。
ここの部分はちょっと測りかねますので、参考程度でお願いします。

で、ページランクの受け渡しはあるとしても、鈴木さんの上記記事にもあるように、果たしてアンカーテキストの受け渡しがあるのだろうか?という疑問が出ると思います。
個人的な見解ですが、アンカーテキストの受け渡しというよりも・・・

「あるSEOキーワード(XYZ)でリンクが張られるということは、それについて関連のあるページであるからリンク元の関連性が高まり、よってそこから発せられるリンクスコアが高まる」

のではないかと。

Googleが評価するSEOスコアは外的内的含めていろいろありますが、その中での「関連性」の部分ですね。
関連性ってコンテンツ部分のことだと思いがちですけど、「どのようなアンカーテキストでリンクを受けているか?」という部分でも関連性を出せるということです。
これは別に今始まったわけではなく、普通のことですよね。
「こちら」と検索して「Adobe」のページが出てくる、それと同じアルゴリズムですから。

ただ、個人的に最近感じることなんですけど、「リンク元の関連性」という部分のスコアがかなり薄くなっていると思っています。
ないよりはあったほうがいいでしょうけど、それ以外のスコア、とりわけリンクよりもコンテンツ部分をより重視してきている、というのが僕が最近強く感じることですね。

-----------------------------------------------------------------------------------

ことぶきわたなべ歯科医院 - 東京都台東区寿にある歯医者さん、ことぶきわたなべ歯科医院。

サンコークリーンサービス奈良 - 不用品回収・遺品整理はサンコークリーンサービス奈良へ。

カネ吉山本 - 近江牛一筋の老舗、滋賀県近江八幡本場近江牛のカネ吉山本。

ウコンプロ - ウコンプロは沖縄産の秋ウコン100%、ゼリー状で飲みやすい。

白鳥順子探偵事務所 - 探偵、浮気調査なら岐阜の白鳥順子探偵事務所へどうぞ。

今村歯科・矯正歯科医院 - 神奈川県三浦市の歯医者さん、今村歯科・矯正歯科医院。

アースホームサービス - 千葉のハウスクリーニング・リフォームはアースホームサービスへ。
プロフィール

ドゥアイ

Author:ドゥアイ
いまどきのSEO対策.comがご提供するサービスは業界屈指の費用対効果!ご予算に応じてさまざまなプランがございます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。