スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEOサービス、力入れるなら内的な部分かな

Category : SEO対策
記事タイトルの「SEOサービス」という言葉の有り無しもどうかと思いますけど、実際一般ユーザーは検索してるようです。
一応僕のサイトは「SEOサービス」でずっと1位表示されてるんですけど、毎日そこそこそれで流入ありますしね。
認知度というか、そういうのんはあるんでしょう。

弊社は今んとこSEO対策として、外部リンクの供給と内的なSEOコンサル、アドバイス等を行っています。
数が多いのでどーしてもウェイト的には前者のリンク部分が主になってしまっているのですけど、今後は後者のほうに力を入れていきたいなって思ってるんですね。

というのも、Googleはサイト自体がしっかりしてたら正直リンクなんてあんまり要らないから。
旧Yahoo!(YST)よりも内的なウェイトは大きいのでね。
まあリンク要らないって言い過ぎだけど、かなり違うし、その後の安定度もまた違う。

何回も例え出してますけど、いまどきのSEO対策.com は立ち上げた時すでに「SEO対策」でGoogleで80位台でした。
このサイトもそこそこに中身はしっかりさせてるつもりです。
余談ですが、今思えばキーワード選定失敗したなって思ってます(笑)
「対策」で最適化されてるんで、今さら「SEO」で上げることは不可能に近いですからね。

クライアントでSEO物凄く達者な方がいてまして、難しいキーワードにも関わらず〝ホームページそのもののみ〟でいいランキングを叩き出してる方がいてます。
複数サイトを運営してらっしゃいまして、SEO知ってるよなあって関心します。
そんなんもあって、GoogleのSEOというのはリンクもさることながら、やはり内的な要因なのです。

話がコロコロ変わりますが、最近僕が時間をかけていることはキーワード選定。
「そのキーワードはライバルが多いから無理っすねー」とかのアドバイスではなく、「そのSEOキーワードはやめておいたほうがいいですね、御社のサイトにマッチしてません」というもの。
ま、それがキーワード選定なんですけど、ここを間違うと仮にリンクの力で上がってもアルゴリズムの変動で落ちるというか、安定しないんですよね、将来。

SEO会社の「キーワードのお見積もり」ってあると思うけど、あれ、一概に値段出せないと思うねんね。
だって、サイトそのものですでに優劣が決まってるんだから。
内部的な調整、場合によってはリニューアルまで行うのであれば別ですけど、だいたいリンクで上げにかかるはず。
極端ですけど、僕のサイトを「レーシック」で上げれるSEO業者はいてないはずです。

まとめとして、良質なリンクですと少数でも力を発揮し長続きします。
つまりランキングを安定させる一要因になります。
ただ、その少数の良質なリンクにそこまでSEOスコアを出させるのはホームページそのものであるということ。
リンクに頼りきっているWEBマスターの方、今一度そのあたり見直してみるのも大切だと私は思います。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

医学部受験予備校のクレスト
医学部受験のクレストには個別指導予備校と家庭教師派遣があります。

ウェディングブーケ倶楽部
ウェディングブーケ倶楽部はブライダルブーケ通販サイトです。 大阪府豊中市から全国へ発送しています。
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策でアクセスアップ
ジャンル : ブログ

「本日の注目記事」というコーナーを設置!

Category : SEO対策
最近自社サイトをちょくちょく修正していっているのですが、昨日TOPページに「本日の注目記事」というコーナーを設置しました。
主に晴練雨読さん、あるいはTwitterから回ってきた記事になると思うんですが、私がざっと読んで「これは良記事」と感じたやつを毎日取り上げようという企てです(笑)

tyumoku.png

とりえあず記念すべき一発目は無難(?)に鈴木謙一さんのブログ。
今回のページランクのネタは今一度「SEO」というものを考えるきっかけになった人も多いと思うし、Googleの公式発言ってのも興味深いしね。

一応ピックアップさせていただく記事はSEO系になりますけど、個人的に最近いまさらソーシャルメディアに興味があって注目してまして、SEM系もひっくるめて取り上げようかなと思ってます。
でも基本はSEO系になると思います。

今回なんでこんなことをしようと思ったかとゆーと、定期的に弊社サイトに足を運んでくれるような何かないかなあ・・・ってのと、単純に更新頻度もあるし、まあいろいろです。
この「更新頻度」って正直、ランキングアップとはあまり関係ないと思います。
日頃言っているように他の要因もたくさんあるしね。

ただ、キーワードは出せないですけど「これ絶対更新頻度だけで上位表示されてるやん!」ってのがありまして・・。
無理に更新する必要もないと思うけど、今回の企てのような更新は自然だしね。

まあSEO効果云々よりも遊び心であり、記事書いている人が「うお、いまどきに取り上げられてるぜ!」とかちょっと盛り上がってくれれば(←リンクの出力はありますよw)面白いかなって。
そんな偉そうにいえる立場ぢゃないけどね、まだまだT-T

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

格安ホームページ designtrust.jp
格安ホームページ制作は月々0円で9800円から制作。オーダーメイドのHP制作専門です。

プラモデル 買取 ferrari-plamo.jp
プラモデル買取専門サイトのプラモ買取百選です。貴重なプラモや人気プラモデルを高価買取致します。

データ復旧 www.pckids.info
データ復旧で高い実績まずは無料でお見積り!データ復旧ならピーシーキッドへどうぞ。

恵比寿 鍼灸 www.enne-japan.com
恵比寿・代官山の女性のための鍼灸院、エンネ鍼灸治療院(enne)。綺麗になりたい方は是非どうぞ!

プリペイド携帯 family-prepaid.jp
プリペイド携帯電話取扱い店舗。あなたと、コンビに、ファミリーマート!

オフィス家具買取 www.office-kaitori.com
オフィスの不用品リサイクルならオフィス家具買取センターで!!見積り無料です。

テーマ : SEO対策でアクセスアップ
ジャンル : ブログ

Googleのアルゴリズムをちょっとだけ占う

Category : SEO対策
最近個人的に思うのが、Googleのアルゴリズムの進化です。
「MEO(Map Engine Optimization)」も非常に重要な要素になってまして、SEOに携わっている身として思うのは、これも一種のSEOであるということ。

で、とりあえずチェックして欲しい記事はこれ。

リンクなしの言及、“サイテーション”はウェブ検索のランキングにも影響するのか

最近何かとお世話になっている鈴木さんの今朝の記事です(笑)
で・・・

「リンクが張られていないとしても他のページで言及されることは評価要因になりうる」、あなたはどう思いますか?

通常の検索でそのアルゴリズムが加味されているかどうか?ということですけど、個人的には「有り得るな」という感じ。
というのも、関連性のあるWEBページからの被リンクを評価するというのは、その一種だと僕は思うんですよね。

アンカーテキストそのものももちろん見ているでしょうけど、割合的に「その周辺」の重要度が増してきているように最近感じます。
先日、ページ内にキーワードが入っておらず、外部リンクにもキーワードが入っていないサイトが、Googleで1ページ目に表示されてました。
ただ、キーワード的に微妙(←この表現も微妙)でしたんではっきり結論付けれないですけど、このパターンって稀ですよね。

ちょっと真剣にGoogleのアルゴリズムを検証してみようと思います(笑)

テーマ : SEO対策でアクセスアップ
ジャンル : ブログ

ページテーマをよく考えて対策せよ

Category : SEO対策
どうやらほぼGoogle移行が完了したようですね。
ここで、今後Google対策していく上でおそらく結構大事なことであろうことについて、少し書かせていただこうと思います。
それはですね・・・

「どのページにどういうテーマがあり、どのキーワードで対策するのがベストかを考える」

もっといい言葉があるかもしれないですけど、こんな感じ。
これを推し進めて言いたいことは・・・

「必ずしもTOPページにこだわるな!」

ということです。
お金かけるかけない、業者に依頼するしない別にして、SEO対策するならもっとも上位表示できそうなページがあれば、そこに施策するのがベストです。

Googleという検索エンジンは、普通に下位ページも評価します。
どこか「TOPページが一番強い」、まあ強いというか「ドメインの最上位だからもっとも適している」という風な思い込みがもしかしたらあるかもしれません。

しかし「特化されたページ」があれば、そちらで狙ったほうが理に適ってますし、正解だと思います。
これは私もこれまでいろんなサイトのSEO対策をしてきて、感じていることですね。

ECサイトとか不動産サイトなんかそれがよく当てはまったりします。
商品、あるいは地域ごとのページがあれば、それはそれで個別に対策し、TOPページはあえて何もしない。
下位ページにパワーが付いてくれば、TOPも自然と検索エンジンに評価され、特定のキーワードで上がってきます。

もろもろ考えると、うっすいテーマ、あるいはまったくテーマがないページは、ユーザーにとって役立つものであればそれは違う意味でOKですけど、そうでなければ不要なんですよね。
やみくもにインデックス増やす作業は、私の意見ですけど意味ないと思っています。

-----------------------------------------------------------------------------------

貴和化学薬品株式会社は活性炭と金属表面処理剤の開発・製造・販売を主に行っております。
www.kiwachem.co.jp

カップメンホルダー「ウォーク麺」は世界初日本初の全く新しい発想のカップメン専用のホルダーです。
www.cupmenholder.com

広島市安佐南区のめばえ幼稚舎のホームページ。広島市 保育園をお探しなら当園へ起こし下さい。
www.childcom.net

浜松 インプラントガイドは、浜松市のやまぐち歯科でのインプラント治療実績についてレポートしています。
www.haimplant.com

家具のオーダー専門イヴデザインは一括無料見積り。オーダー家具 大阪なら当社にご用命下さいませ。
i5-design.com

健康住宅・快適空間を創造するリフォームの匠。廿日市市 工務店なら植田工匠までどうぞ。
uedakosyo.net

テーマ : SEO対策でアクセスアップ
ジャンル : ブログ

プロフィール

ドゥアイ

Author:ドゥアイ
いまどきのSEO対策.comがご提供するサービスは業界屈指の費用対効果!ご予算に応じてさまざまなプランがございます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。