スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜコンテンツを充実させることが大事なのか?

Category : SEO対策
本日はちょっとだけ真面目なSEOの話をしようと思います。

「なぜコンテンツを充実させることが大事なのか?」

これですわ。

いくつか見解はあると思いますが、ここはあくまでSEO対策をやっている立場として書こうと思います。

まず「コンテンツの充実」に関して・・・

(1)ページにどれだけの情報が詰まっているか? ← ページ単体
(2)どれだけコンテンツに奥行きがあるか? ← サイト全体

後者のほうは単純にページ数ってわけじゃなく、充実度ですね。

ここに技術的な面として「テーマの統一、棲み分け」というものがあり、これがSEOになります。

つまり、コンテンツの充実とSEOというものは微妙に土俵が違うわけです。

これらが合わさって・・・

「コンテンツが充実している」
「内部対策ができている」

となります。

で、これらができてるサイトAと、しょぼいサイトBがあったとして、これらに同じ外部施策を行ったとしましょう。

単純に数の問題じゃないのですが、仮にリンク100本を供給したとします。

質は同じです。

結果、絶対にサイトAのほうが反応がよく、上がり方もスムーズです。

1ページ目の壁を突破できるのもサイトAのほうでしょう。

だからコンテンツを充実させることが大事になってくるわけです。

で、サイトBのほうですが、さらにリンク100本を供給するとすると、もちろんその分の上積みでランキングは上がるかもしれませんが、コンテンツの充実という内部施策を行うことでランキングを上げることができます。

要するに、張られているリンクのパワーを伸ばすって感じです。

また、そうすることでサイトの受け皿が大きくなり、さらにリンク施策が生きるようになるというわけです。

書いてあることは極めて当たり前というか基本的なことなのですが、あえて文字にしてみました。

内と外、これらの連携を上手くやることがSEO対策では重要になってくるでしょう。
スポンサーサイト

最近アドバイスする際に意識してること

Category : SEO対策
本日の内容は私の独り言、忘備録的な感じですので、あんまり大した中身じゃありません。

悪しからずご了承下さい。

お客様のサイトのSEO対策に入る前に、結構な打ち合わせをメールではありますがすることが多くなってきまして、対応に結構忙しい感じです。

SEOや検索事情等をある程度分かっている方でしたらこの打ち合わせも少ない、あるいはURLとキーワード投げてもらってGO!という感じなのですけど、そうでない場合も結構あるものです。

SEOキーワードの選定相談がもっとも多いのですが、あとはサイト制作前にどういったサイト構成にすべきかのご相談、どのページをどのキーワードで狙っていくかなど、多種多様です。

あとは予算ですね。

単発3万円しか無理な方もいてますし、20万ぐらいならSEO費用として取れるとか、そのあたりもバラバラなので、基本お客様のご予算に応じて施策内容を変えてます。

でまあ、金の話は置いておいて、キーワード選定の相談を受けたときに、上げたいキーワードはたくさんあるけど予算の問題があってすべて無理な場合、あるいはどのページにどのキーワードを設定するのかとか、すべてTOPに施策するのかとか、そのへんですよね。

私が最近意識していることは「このサイトが自分の運営サイトだったらどうするかな?」ということです。

これってこれまで無意識でやってたと思うのですが、そこを意識すると結構的確なコンサル、アドバイス、サービス提案ができるんです。

自分のサイトだと思うと当然キーワード選びからして気合い入りますし、間違いが少なくなります。

この記事読んでる人に誤解して欲しくないのは、別にお客様のサイトだったらどうでもいいってわけじゃありません。

ただ、言われるがままにSEO対策するんじゃなく、自分のサイトとして置き換えてみるといろんな気付き、濃いアドバイスができるという感じです。

理想は、関わるサイトすべてSEOを成功させることなのですが、予算の関係上なかなかそうもいきませんし、激戦ワードは予算積まれても無理なケースってもちろんあります。

また弊社の場合、人員の割に関わらせてもらってるサイト数が多いので、なかなかすべてのサイトに本気で関われないというアレもあります。

ま、会社も初年度の下半期に入りましたし、いろいろ頑張っていこうと思います。

順位下落は再評価と考えるのもありだ

Category : SEO対策
SEO対策するしない関わらず検索結果というものは変動するわけですが、やはりこれまで上位に安定していて突然落ちたりすると、何か悪いんじゃないか?と思ってしまうものです。

また、4ページ目ぐらいに順調に上がってきてて、ある日7ページ目ぐらいに落ちたとすると、今やってる施策なりに疑いを持ってしまいがちです。

もちろん、何かマズい施策を行っていてその評価としての順位下落というケースもありますが、ただ単にGoogle側の再評価で一時的に落ちているということもよくあります。

「19位」→「42位」→「13位」

こんなんですね。

こういう動きって日常茶飯事に見られます。

この「42位」に下落したときですが、この評価の見極めですね。

着地点での42位なのか、一時的な42位なのか。

42位というのはもちろん例え話でして、圏外になることもあるでしょう。

42位でも圏外でもそうなのですが、あまりにも長い期間(1ヶ月とか)ですと着地点の可能性もありますが、再評価されて元より上がったりもよくします。

短期の順位変動はよくあることなので、そのへんに振り回されないことが重要になってきます。

タメの期間ってGoogleにはあって、まともにリンクなり内部施策が反映されるまで時間がかかるケースがよくあります。

先日某ビッグワードの施策をさせてもらいました。

もともと16位ぐらいと良かったのですが、昨日ぐらいに9位に表示されました。

ずーっと動かなかったので「いつ上がりますか?」とメールをよく頂いていたのですが、「ビッグワードになればなるほど時間がかかることがありますので、今はじっくり様子見でいいと思いますわ。」と何度かお返事させていただいてたものです。

こういうメールって、結構我々にとっては嫌なものですが(汗)

ちなみにこのサイトの場合、もともと16位ぐらいで一旦18位ぐらいに落ちて、12位に表示され、現在9位です。

18位のときに施策を疑われたりするものですが、まあこれは仕方ありません。

こんなので胃が痛くなってたら、SEO業者などやってられません。
プロフィール

ドゥアイ

Author:ドゥアイ
いまどきのSEO対策.comがご提供するサービスは業界屈指の費用対効果!ご予算に応じてさまざまなプランがございます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。